マンション査定
「売りに出す前に自分のマンションの相場が知りたい。できれば、不動産業者に電話する前に知っておきたい」

 

そう考える方はたくさんいます。

 

では、どうすれば不動産業者に聞かずに相場を知ることができるのか? 無料でできる方法を2つご紹介しましょう。

 

@チラシ
 自分と同じマンションの物件が売りに出たら、そのチラシをとっておきましょう。

 

やはり事例は参考になります。

 

その物件が同じ広さ、同じ間取りであれば、なお役立ちます。

 

 事例を使って、次の方法で参考の値段を出しましょう。

 

 「事例価格÷事例物件面積(u)」

 

まずこの計算式でIu当たりの単価を算出します。

 

その単価に自分のマンションの平米数を掛けると参考価格が出ます。

 

 例えば、自分のマンションが70u。チラシの物件が80uで2400万円の場合、「2400万円÷80u」で計算すると、チラシの物件のIu当たり単価は30万円であることがわかります。

 

あとは、自分のマンションの平米数である70を掛ければ2100万円という参考価格が出ます。

 

もし、チラシの事例物件が数件あれば各物件のIu当たりの単価を算出し、その単価の平均値を出します。

 

こうすることで参考価格の精度はさらに上がります。

 

 

Aインターネット

 

 チラシがなかったり、集めていなかった場合は、インターネットを利用しましょう。

 

 一番簡単なのは、グーグルやヤフーで自分のマンション名を入れて検索することです。

 

マンション名に地名が入っている場合は、きちんと最後まで入力してください。

 

 検索してみると、現在売り出し中の物件や過去の掲載物件のデータが拾えることがあります。

 

これは非常に便利です。私も不動産業者専用のデータベースを使いますが、参考データがない場合は、このように検索エンジンを活用します。

 

あとは、ヒットした物件データをチラシの場合と同様に単価計算すれば、参考価格が出ます。

 

 ネットのいいところは、チラシに出ない物件が検索に引っかかるところです。例えばご近所に知られたくない方でも、依頼した不動産業者のホームページには物件情報を載せ
ている場合があります。

 

 

 このようにチラシやインターネットを利用することで、不動産業者に電話する前に参考価格を知ることができますが、気をつけておくべきこともあります。

 

@あくまで参考と考えること 不動産は個別性があります。同じマンションでも階数・向き・間取りが変われば、Iu当たりの単価も変わります。

 

内装の傷み具合もいろいろ。あくまで参考と考えましょう。

 

A成約価格ではないこと
 チラシやネットで拾えるデータは、「売り出し価格」であり「売れた価格」ではありません。
また、売りに出した「売主の状況」もいろいろ。急いで売りたい人もいれば、ゆっくり高めに売り出す人もいます。

 

A情報の鮮度に注意すること
 チラシやネットで探した情報の鮮度が大切です。調べたら5年前のデータだったとなれば、その価格を参考にすることは危険です。
情報の鮮度にも気をつけましょう。

 

C不動産業者への対応に気をつけること
 参考価格を調べた後、不動産業者に電話するときに「私か調べたら○○○○万円ぐらいだった」という人がいます。
あまりその価格にこだわって、不動産業者に「うるさい客だな」と思われてもいいことはありません。判断材料の1つ程度と考えてください。

 

web参考:家の査定なら

 

 

更新履歴